agaの症状や治療方法等について

 agaとは男性型脱毛症の略称で、脱毛症の中でも男性だけに起きる事が特徴の脱毛症の事を言います。この脱毛症は男性ホルモンと深い関わりがあり、脱毛は時間の経過に伴って進行していきます。男性ホルモンの中にあるジヒドロテストステロンという成分が、髪の生え変わりに影響を与えます。具体的には髪の成長期の期間を短くしてしまう作用があり、その結果髪が太くなる前に抜けてしまうのです。

 

 この疾患の症状は髪が抜けて薄くなってしまうというものです。頭頂部分や額の生え際から薄くなっていくケースが多く、中には頭頂と額の両方から薄くなる人もいます。ただこの脱毛症は、毛を作り出す毛根は無くならない事に特徴があります。そのため薄くはなっても完全にハゲてしまう事はなく、産毛のような毛が生え続けます。つまりきちんと治療を続ければ、再び太くて丈夫な毛が生えてくる可能性は充分にあるのです。

 

 この脱毛症の治療方法には様々な種類があるため、まずは自分に合った治療方法を見付ける事が大切です。そのためには自分に起きているagaの原因を突き止める必要があるので、病院で診てもらうようにします。
 具体的な治療方法の種類としては薬物療法や頭皮マッサージ、サプリメントの活用等があります。一つ目の薬物療法は経口服用するタイプと、患部に塗るタイプの2種類があります。症状の状態に合わせて薬の使い分けを行なうのですが、飲む薬と塗る薬の種類によっては併用が可能なものもあります。
 二つ目の頭皮マッサージは頭皮を柔らかくして、頭皮の環境を整えて発毛を促す効果が期待出来ます。また頭皮マッサージ自体にリラックス効果もあるので、精神的にも良い効果をもたらします。
 最後にサプリメントについては体に不足している栄養を補う事で、体の働きを正常にして発毛しやすい体質に改善する事を目的としています。