aga治療中の初期脱毛

薄毛の症状はaga治療を行っているクリニックで治すことができます。治療の方法は内服薬や塗り薬を使った薬物療法が中心になり、かつらや人工毛植毛ではなく、自分の毛が再生できることが大きなメリットです。治療に使用する薬には、ミノキシジルやプロペシアなどがあり、薄毛の症状に最適な薬が処方されます。毛が再生するまでの期間には個人差がありますが、人によっては数ヶ月程度で毛髪が再生する場合があります。薬物療法によるaga治療を開始して、1ヶ月程度経過すると、大量に毛が抜け落ちる場合がありますが、これは初期脱毛と呼ばれる症状です。大量の毛が抜けてしまいますので心配する人もいますが、初期脱毛はaga治療薬が効いている証拠ですので、全く心配することはありません。

 

人によっては1日で数百本もの毛が抜けてしまうこともありますが大丈夫です。逆に大量に抜け落ちる方が、数多くの新しい毛が生えてくる可能性が高くなりますので喜ばしいことです。初期脱毛で抜け落ちる毛は古い毛ですので、古い毛が抜けた後には、毛根から新しい毛が生えてきます。再生する毛は細くて弱々しい毛ではなく、栄養分をしっかりと吸収した太くて濃い毛です。初期の脱毛によって一時的に毛髪は薄くなりますが、2ヶ月から3ヶ月後には薄毛が目立たなくなり、数ヵ月後には見違えるようにふさふさになります。ただし効果の発現には個人差がありますので、ふさふさになるのに1年以上かかる場合もあります。治療が完了後は毛母細胞が正常に機能しますので、その後もふさふさの状態を保つことができます。人工毛植毛やかつらは定期的なメンテナンスが必要になりますが、自分の毛が再生されますので、メンテナンスは一切不要です。