agaに効く、頭皮に良いシャンプーについて

男性脱毛症agaとは、成人男性に見られる髪が薄くなる状態の総称のことを言います。一般的には、後頭部から生え際から髪が薄くなることが多く、多くに男性が悩んでいます。agaは、遺伝子や男性ホルモンなどが原因とされています。症状の始まりには、抜け毛が目立つようになるので、シャンプーの時に抜け毛に注意するといいです。

 

最近では、原因である男性ホルモンの(ジヒドロテストステロン)が、ヘアサイクルを短くして抜け毛を増やすことがわかりました。抜け毛の原因である男性ホルモンの影響を弱くすることにより、抜け毛が減り薄毛が改善されます。
症状を改善するためには、抜け毛を改善して頭皮環境を整えるシャンプーが基本です。
薄毛の人の頭皮とは、外部からの刺激つまり、界面活性剤などに対してとても弱くなっている状態となっています。なので、使用するシャンプーとしては、刺激になるものが配合されていないものががいいでしょう。一番わかりやすい目安としては、本体に「低刺激」と記載されているのがこれにあたります。

 

また、アミノ酸系であること、髪や頭皮と同じph値である弱酸性であることも刺激から守ることで重要になります。
頭皮の状態や悩みは人によって異なりますので、使う前には顔を洗って確かめることができます。なぜかというと、顔の皮膚は頭皮の延長にある皮膚であるからです。使ってみて、顔がべたついたり、カサつき、刺激やかゆみなどが感じられたら、それは自分の頭皮にもあっていないと言えます。大事なのは、いかにアミノ酸系、弱酸性、育毛成分が配合されているかどうかです。人気の商品もありますが、こういった大事なポイントは必ずチェックするようにするのが必要です。