agaの最新治療について

 

現在、「HARG治療」と呼ばれる毛髪再生医療が、aga治療の最新治療だといわれています。将来的には、iPS細胞(人工多能性幹細胞)によって、agaを完全に改善することも不可能ではないそうです。iPS細胞から、髪の毛のもとである「毛包」の再生に成功したという研究報告は、すでになされています。この技術を人間に応用することができれば、近い将来、AGAは完治する病気となります。

 

最新治療法となる「HARG治療」とは、Hair Re?generative Theraphyの頭文字をとって名付けられたものであり、日本語では「毛髪再生医療」という意味です。2006年より臨床が開始され、現在では、全国で170以上の医療機関で、この治療法が採用されています。「HARG治療」は、もっとも新しいアプローチの抜け毛・薄毛の治療方法となります。

 

HARG治療法の発毛率は、驚異の99%といわれています。発毛と脱毛の抑制を同時に行うことができる、画期的なAGA治療法であり、副作用もなく、年齢や性別などに関係なく、すべてに人にとって効果の高い治療法です。また、AGA治療は保険適用外の自由診療となりますので、継続治療が必要なagaの場合には、費用がかさんでしまいます。HARG治療は、初期投資は高額になるのですが、その後のコストがほとんど発生しませんので、総額費ではトータル的には、ほかの治療法よりも安くなります。一般的には、最終的なHARG治療の費用は、200万円未満となります。

 

AGA(男性型脱毛症)は、実は男性だけの病気ではありません。しかし、AGAに効果の高い内服薬プロペシアは、男性しか服用することができない薬です。その点、HARG治療は、女性にも適用する薄毛治療法となります。