男性型脱毛症のagaの治療の効果期間は?

近年の日本人の食の欧米化による高タンパク、高脂肪食、砂糖の過剰摂取、低食物繊維の食生活が進んでいることに加えて生活習慣の乱れ、ストレス、過度のアルコール摂取、タバコ、運動不足など様々な要因によってガンや動脈硬化、脳梗塞、心臓病、脂質異常症、糖尿病、高血圧、メタボリックシンドロームなどの生活習慣病を発症するリスクが高まっています。
このような生活は生活習慣病のリスクを高めるだけではなく、年々増加していると言われている薄毛のリスクも高めることが分かっています。

 

一口に薄毛と言っても薄毛にも色々なタイプがありますが、年々増加しているのは男性型脱毛症いわゆるagaと言われるタイプで、薄毛で最も多いタイプになります。
男性型脱毛症には額の剃り込み部分から徐々に後退していくM字ハゲ、額全体が徐々に後退していくU字ハゲ、頭頂部分から徐々に後退していくO字ハゲの3タイプあり、それぞれ何もせずに放置しているとどんどん薄毛が進行していく進行形の薄毛になります。

 

この男性型脱毛症の治療は内服薬と外用薬によって治療を行います。その他にも外用薬の効果を高めるためにも育毛シャンプーや頭皮に優しいアミノ酸系のシャンプーを使用し、髪の毛の土台である頭皮を健康な状態に戻していきます。治療の効果があらわれる効果期間は治療を始めてから1ヶ月以内に抜け毛が減ることを実感する人が多く、発毛の効果を実感出来るまでは早い人で3ヶ月、遅くとも1年間までは効果が実感出来ると言われています。
男性型脱毛症の治療は何よりも途中で諦めずに続けてケアを続けること、そして抜け毛が多くなり薄毛に気がついたら早めに対策をとることが重要なポイントとなります。