agaの方で子作りしたい時には副作用にに注意して下さい

agaを最近良く耳にしますが、何のことかご存じの方も居られると思いますが、男性の脱毛症の事です。特に若い20代から30代の方が一番悩まれています。

 

agaの発症は、テストステロンと言われる男性ホルモンが体内を巡り頭皮に来た時にある酵素と結合してジヒドロテストステロンが発生し、これが髪の毛の発達を妨げるように毛母細胞へ働きかけるためagaが発症してしまいます。
このテストステロンが還元酵素の働きでジヒドロテストステロンに変換されるのですが、還元酵素の活性度を抑える物質であるプロペシアが育毛剤として使われています。このプロペシアは科学的に造られた物質で病院で医師の処方を貰い薬局でしか購入できません。
元々プロペシアは育毛剤として開発されていた訳ではなく前立腺肥大の方の薬として開発されましたが、この方達が服用して発毛効果が表れて育毛剤に使われ初めました。しかし、プロペシアには副作用があり薄毛に悩んでいる20代から30代の方は使用を控える事が良いと言われています。なぜなら、この世代は結婚し子作りの世代でもあります。このプロペシアの副作用で精力減退や、精子数の減少と言った不妊になるとも言われています。なぜ不妊になるのかは解かっていませんが、元々の薬の開発段階では生殖器の治療薬でしたので可能性はあると考えられます。

 

女性の方に問題が無く、男性側がこの薬を服用することで不妊に繋がってしまってはこの世代での脱毛症に悩んでいる方に子供が出来にくくなる恐れがあります。
プロペシアは副作用の報告が多数寄せられてますので、子供さんを欲しい方はなるべく使用を避けておいた方が良いかもしれません。また、どうしても使用されたい方は専門の医師の元で服用されるようにして下さい。